シート

VBAテクニック辞典

【VBA】複数のシートを同時にまとめてコピーする

複数のワークシートを同時にコピーする方法を、3つ紹介しています。 目的や状況に応じて、使いやすい方法を選んでください。 シート名を配列で指定してコピー Worksheets(Array("○○","○○")).Copyと書...
VBAテクニック辞典

【VBA】別ファイルにシートをコピーする

Before/Afterでファイル名を指定しコピー 最初にコピー先のエクセルファイルを開きます。 Copyメソッドでシートをコピーする時に、Before/AfterでWorkbooks("○○.xlsx").Worksheets("...
VBAテクニック辞典

【VBA】コピーしたワークシートに名前を設定する

ActiveSheet.Nameプロパティで設定 Copyメソッド実行直後に、ActiveSheetのNameプロパティに名前を設定します。 シートをコピーした直後には、コピーして新しく作成したシートがアクティブになっているからです...
VBAテクニック辞典

【VBA】ワークシートを最後にコピーする

After:=Worksheets(Worksheets.Count)でシートコピー ブックの最後(1番右)にコピーしたシートを作成するには、Copyメソッドの引数に、After:=Worksheets(Worksheets.Coun...
VBAテクニック辞典

【VBA】ワークシートを先頭にコピーする

Before:=Worksheets(1)でシートコピー ブックの先頭(1番左)にコピーしたシートを作成するには、Copyメソッドの引数に、Before:=Worksheets(1)と書きます。 Beforeは、シートを作成する...
VBAテクニック辞典

【VBA】指定したシート以外のシートをすべて削除する

ループ処理で1つずつシート名を比較し削除 繰り返し処理の中で、1つずつ「処理中のワークシート名」と「指定したシート名」を比較し、名前が違う時に削除処理をおこないます。 コード 解説 繰り返し処理(Fo...
VBAテクニック辞典

【VBA】アクティブシートを削除する

ActiveSheet.Deleteで削除 アクティブシートを削除したい時は、ActiveSheet.Deleteで削除できます。 コード 解説 アクティブシートを削除する命令の前後では、Appl...
VBAテクニック辞典

【VBA】複数のワークシートをまとめて追加する

Count:=数値 でシートを追加 Worksheets.Addで新しいシートを追加する時に、「Count:=数値」を指定します。 指定した数値の数だけシートが追加されます。 コード 解説 サンプルコードでは、Coun...
VBAテクニック辞典

【VBA】新しいワークシートを最後に追加する

After:=Worksheets(Worksheets.Count)でシートを追加 Worksheets.Addで新しいシートを追加する時に、After:=Worksheets(Worksheets.Count)と指定すると、シートの最...
VBAテクニック辞典

【VBA】新しいワークシートを先頭に追加する

Before:=Worksheets(1)でシートを追加 Worksheets.Addで新しいシートを追加する時に、Before:=Worksheets(1)と指定すると、シートの先頭(1番左)に追加されます。 コード 解説 ...
VBAテクニック辞典

【VBA】シートをコピーして同じシートを複数作る

ループ処理でコピーする ひな形のシートをコピーして複数作成したい時は、Copyメソッドをループ処理で繰り返し実行します。 コード 解説 VBAのエクセルファイルにある「見積ひな型」シートをコピーして、...
VBAテクニック辞典

【VBA】シートを新しいエクセルファイルにコピーする

Copyメソッドだけで実行 コピーする時に、Before、After(コピーを作成する場所)を省略します。 すると、新しいエクセルファイルが自動で作成され、その新しいエクセルファイルにシートがコピーされます コード ...
VBAテクニック辞典

【VBA】別ファイルのシートをコピーする

Workbooksでコピー元ファイルを指定しコピー 他のエクセルファイルのシートをコピーする時、まずはコピー元のファイルを開きます。(※開いていないと、コピーできないため) コピーする時、コピー元ファイルはWorkbooks("...
VBAテクニック辞典

【VBA】ワークシートのコピーとテクニック

Copyメソッド ワークシートをコピーするには、WorksheetsのCopyメソッドを使います。 コピーしたシートは、新しいブックに作成されます。 コード 解説 新しいブックに「住所一覧」シートが作成されます...
VBAテクニック辞典

【VBA】非表示のシートを右クリックで再表示できないようにする

シートのVisibleプロパティにxlSheetVeryHiddenを設定すると、一般ユーザは右クリックでシートを再表示できなくなります。 設定方法には、「VBAによる方法」と「手動(デザイナ)による方法」の2つがあります。 VBA...
VBAテクニック辞典

【VBA】特定のブックにシートが存在するか調べる関数

指定したシートが存在するか調べるには、「ループ処理でシート名を調べる方法」と「オブジェクト変数を使って調べる方法」の2つがあります。 よく使う機能なので関数化しています。シート名だけでなくブック名も指定可能としています。 ...
VBAテクニック辞典

【VBA】アクティブシート以外のシートをすべて削除する

ループ処理でアクティブシート名と比較し削除 繰り返し処理の中で、1つずつ「ワークシートの名前」と「アクティブシートの名前」を比較し、名前が違う(=アクティブシートではない)時に削除処理をおこないます。 コード ...
VBAテクニック辞典

【VBA】複数のワークシートをまとめて削除する

ワークシートの削除自体はDeleteメソッドを使いますが、削除するシートの指定方法がいくつかあります。 今回は、3つの方法を紹介しているので、使いやすい&理解しやすい方法を選んでください。 シート名を配列で指定して削除 W...
VBAテクニック辞典

【VBA】ワークシートの削除とテクニック

ワークシートを削除する時は、Deleteメソッドを使います。 削除するシートは、「シート名」や「インデックス(何番目)」で指定できます。 シート名で指定し削除 Worksheets("○○").Deleteと書き、○○の部...
VBAテクニック辞典

【VBA】ワークシートの追加とテクニック

Worksheets.Addで追加 ワークシートを追加する時は、Addメソッドを使います。 コード 解説 実行すると、アクティブシートの左側に新しいワークシートが追加されます。 ワークシートを追加後は、追加した新しいシ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました