【VBA】別ファイルにシートをコピーする

Before/Afterでファイル名を指定しコピー

最初にコピー先のエクセルファイルを開きます。

Copyメソッドでシートをコピーする時に、Before/AfterでWorkbooks(“○○.xlsx”).Worksheets(“■■”)というように、ファイル名からコピー先を指定します。

コピー終了後は、コピー先のエクセルファイルを保存してから閉じます。

コード

 

解説

実行後、コピー先のエクセルファイル「C:\エクセル用\見積.xlsx」に、VBAのエクセルファイルにあるシート「見積ひな型」が追加されます。

注意すること

最後のSaveメソッドで保存せずに、いきなりCloseメソッドでファイルを閉じようとすると、画面に確認メッセージが表示され処理が止まってしまいます。

 

その他テクニックは、次の記事を参考にしてください。

【VBA】ワークシートのコピーとテクニック
Copyメソッド ワークシートをコピーするには、WorksheetsのCopyメソッドを使います。 コピーしたシートは、新しいブックに作成されます。 コード '「住所一覧」シートをコピーする Worksheets("住...

関連記事

VBAテクニック辞典
仕事や趣味で、成果を出す5つのポイント
VBAテクニック辞典
えくとしょ | 初心者のためのエクセルとVBAの図書館
タイトルとURLをコピーしました