選択

VBAテクニック辞典

【VBA】連続したセルと離れたセルを同時に選択する

【実行結果】 Rangeを使ったセルの選択 「連続したセルを選択する」、「離れたセルを選択する」の内容を合わせた方法です。 連続したセルはコロン、離れたセルはカンマ区切りで記述します。 セル指定後に、Select...
VBAテクニック辞典

【VBA】離れたセルを選択する

【実行結果】 Rangeを使ったセルの選択 Rangeプロパティで選択するセルを、カンマ区切りで指定します。この時、引数全体をダブルクォーテーションで囲みます。 対象セルを指定したら、Selectメソッドで選択状態にし...
VBAテクニック辞典

【VBA】連続したセルを選択する

【実行結果】 VBAでセルを選択状態にする時は、Selectメソッドを使用します。 対象セルの指定方法は、「Rangeによる方法」と、「RangeとCellsを組み合わせた方法」の2つがあります。 サンプルコードでは、セル...
VBAテクニック辞典

【VBA】離れた複数行を選択する

【実行結果】 行の選択にはSelectメソッドを使いますが、離れた行を指定するには、2つの方法があります。(※Rowsによる指定はできません) サンプルコードでは、2行目、4行目、6~8行目を選択状態にします。 R...
VBAテクニック辞典

【VBA】連続した複数行を選択する

【実行結果】 行の選択にはSelectメソッドを使いますが、対象の連続した行を指定するには、3つの方法があります。 サンプルコードでは、2行目から6行目を選択状態にします。 Rangeを使った行の選択 Ran...
VBAテクニック辞典

【VBA】列を選択状態にする(1列だけ、連続した複数列、離れた複数列)

VBAで列を選択状態にする時は、RangeプロパティのSelectメソッドを使用します。 対象列を指定するには、RangeやColumnsなどいくつかの方法があります。 1列だけ選ぶ 【実行結果】 次の3つの...
VBAテクニック辞典

【VBA】行の選択とテクニック

【実行結果】 VBAで行を選択状態にする時は、Selectメソッドを使用します。 対象行を指定するには、RangeやRowなど3つの選択方法があります。 サンプルコードでは、2行目を選択状態にします。 Range...
VBAテクニック辞典

【VBA】セルの選択とテクニック

【実行結果】 VBAでセルを選択状態にする時は、Selectメソッドを使用します。 対象セルの指定方法は、「Rangeによる方法」と、「Cellsによる方法」があります。 Rangeを使ったセルの選択 Rangeプロ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました