【VBA】列を選択状態にする(1列だけ、連続した複数列、離れた複数列)

VBAで列を選択状態にする時は、RangeプロパティのSelectメソッドを使用します。

対象列を指定するには、RangeやColumnsなどいくつかの方法があります。

スポンサーリンク

1列だけ選ぶ

【実行結果】

次の3つの選択方法があります。例では、2列目を選んでいます。

Rangeを使った列範囲指定

Rangeによる指定では、対象範囲の列(開始列と終了列)をコロンで区切って指定します。

今回のように2列目だけでも、引数は”B″ではなく、”B:B″となります。

Columnsを使った列指定

数値で何列目か指定する時は、ダブルクォーテーションで囲む必要はありません。
Bなどアルファベットで指定する時は、ダブルクォーテーションで囲みます。

EntireColumnを使った対象セルによる列指定

EntireColumnによる指定では、対象セルを指定することで、列を選択状態にできます。

対象セルの指定は、Range、Cellsどちらの方法でも可能です。

連続した列を選ぶ

連続した列も1列だけ選ぶ時と同様に、3つの選択方法があります。例では、2列目から4列目を選んでいます。

Rangeを使った列範囲指定

選択する範囲の、開始列と終了列をコロン(:)でつないで指定します。

Columnsを使った列指定

選択する範囲の、開始列と終了列をコロン(:)でつないで指定します。

EntireColumnを使った対象セルによる列指定

1つの列を指定する時、RangeとCellsどちらの指定でも可能でした。でも、複数列の場合は、Rangeによる指定になります。

Rangeは複数のセルが指定できるのですが、Cellsは1つのセルしか指定できないためです。

離れた列を選ぶ

離れた列を選ぶには、2つの選択方法があります(※Columnsによる指定はできません)。例では、2列目、4~5列目を選んでいます。

Rangeを使った列範囲指定

対象となる列を指定しますが、離れているセルをカンマ(,)区切りで指定します。連続した列範囲は、コロン(:)で指定します。

※Rangeで2列目を選ぶ時は、Bだけではなく、B:Bと指定するので間違えないようにしましょう。

EntireColumnを使った対象セルによる列指定

対象となるセルを指定しますが、離れているセルをカンマ(,)区切りで指定します。連続したセル範囲は、コロン(:)で指定します。

関連記事

VBAテクニック辞典
VBAテクニック辞典
エクセルVBAおすすめ本|実際に読んだ本を目的別に紹介
エクセルVBAおすすめ本|実際に読んだ本を目的別に紹介
中途・未経験でプログラマーに転職する方法【30代前半までが勝負】
中途・未経験でプログラマーに転職する方法【30代前半までが勝負】
タイトルとURLをコピーしました