【VBA】連続したセルと離れたセルを同時に選択する

 

Rangeを使ってセルを選択

「連続したセルを選択する」「離れたセルを選択する」の内容を合わせた方法です。

連続したセルはコロン、離れたセルはカンマ区切りで記述します。

セル指定後に、Selectメソッドで選択状態にします。

コード

 

解説

今回はB2~F2の連続セル、B4~F4の連続セル、B6~F6の連続セルを指定しています。

1つだけのセルも選びたい場合は、次のように書きます。
例では、最後のセルをB6のみにしています。

その他テクニックは、次の記事を参考にしてください。

【VBA】セルの選択とテクニック
VBAでセルを選択状態にする時は、Selectメソッドを使用します。 対象セルの指定方法は、「Rangeによる方法」と、「Cellsによる方法」があります。 Rangeを使ったセルの選択 Rangeプロパティで選択...

関連記事

VBAテクニック辞典
仕事や趣味で、成果を出す5つのポイント
VBAテクニック辞典
えくとしょ | 初心者のためのエクセルとVBAの図書館
タイトルとURLをコピーしました