【VBA】連続したセルを選択する

【実行結果】

VBAでセルを選択状態にする時は、Selectメソッドを使用します。

対象セルの指定方法は、「Rangeによる方法」と、「RangeとCellsを組み合わせた方法」の2つがあります。
サンプルコードでは、セルB2~F4を選択状態にします。

スポンサーリンク

Rangeを使ったセルの選択

Rangeプロパティで、選択する範囲の開始セル(左上)と終了セル(右下)を指定します。

対象セルを指定したら、Selectメソッドで選択状態にします。

コード

 

解説

選択する範囲は、2つの書き方ができます。

  • 全体をダブルクォーテーションで囲み、コロンでつなぐ
  • セル毎にダブルクォーテーションで囲み、カンマでつなぐ

どちらの書き方でも、セルB2~F4が選択状態になります。

注意すること
下のコードのように、全体をダブルクォーテーションで囲み、カンマでつなぐと、セルB2とF4だけが選択状態になってしまいます。

RangeとCellsを組み合わせたセルの選択

ブログラムの処理の都合で、セルの場所をCellsで指定したい場合は、Rangeの引数をCellsで指定します。

ここでは「プログラムの処理の都合」と書きましたが、ループ処理でカウンタ変数iを使ってセルを操作している時などは、このCellsを使った指定方法が使いやすいことがあります。

対象セルを指定したら、Selectメソッドで選択状態にします。

この選択方法は、数値でセル位置を指定できるのがメリットです。

コード

 

解説

Cells(2, 2)がセルA2、Cells(4, 6)がセルF4なので、セルB2~F4が選択状態になります。

 
その他テクニックは、次の記事を参考にしてください。

【VBA】セルの選択とテクニック
【実行結果】 VBAでセルを選択状態にする時は、Selectメソッドを使用します。 対象セルの指定方法は、「Rangeによる方法」と、「Cellsによる方法」があります。 Rangeを使ったセルの選択 Rangeプロ...

関連記事

VBAテクニック辞典
VBAテクニック辞典
エクセルVBAおすすめ本|実際に読んだ本を目的別に紹介
エクセルVBAおすすめ本|実際に読んだ本を目的別に紹介
中途・未経験でプログラマーに転職する方法【30代前半までが勝負】
中途・未経験でプログラマーに転職する方法【30代前半までが勝負】
タイトルとURLをコピーしました