【VBA】離れたセルを選択する

Rangeを使ってセルを選択

Rangeプロパティで選択するセルを、カンマ区切りで指定します。この時、引数全体をダブルクォーテーションで囲みます。

対象セルを指定したら、Selectメソッドで選択状態にします。

コード

 

解説

セルB2、D2、B4が選択状態になります。

POINT
ダブルクォーテーションで全体を囲み、その中でカンマ区切りします。
○ Range(“B2,D2,B4”).Select
× Range(“B2”, “D2”, “B4”).Select

その他テクニックは、次の記事を参考にしてください。

【VBA】セルの選択とテクニック
VBAでセルを選択状態にする時は、Selectメソッドを使用します。 対象セルの指定方法は、「Rangeによる方法」と、「Cellsによる方法」があります。 Rangeを使ったセルの選択 Rangeプロパティで選択...

関連記事

VBAテクニック辞典
仕事や趣味で、成果を出す5つのポイント
VBAテクニック辞典
えくとしょ | 初心者のためのエクセルとVBAの図書館
タイトルとURLをコピーしました