【VBA】離れたセルを選択する

【実行結果】

スポンサーリンク

Rangeを使ったセルの選択

Rangeプロパティで選択するセルを、カンマ区切りで指定します。この時、引数全体をダブルクォーテーションで囲みます。

対象セルを指定したら、Selectメソッドで選択状態にします。

コード

 

解説

セルB2、D2、B4が選択状態になります。

POINT
ダブルクォーテーションの中で、カンマ区切りで指定します。
○ Range(“B2,D2,B4”).Select
× Range(“B2”, “D2”, “B4”).Select

 
その他テクニックは、次の記事を参考にしてください。

【VBA】セルの選択とテクニック
【実行結果】 VBAでセルを選択状態にする時は、Selectメソッドを使用します。 対象セルの指定方法は、「Rangeによる方法」と、「Cellsによる方法」があります。 Rangeを使ったセルの選択 Rangeプロ...

関連記事

VBAテクニック辞典
VBAテクニック辞典
エクセルVBAおすすめ本|実際に読んだ本を目的別に紹介
エクセルVBAおすすめ本|実際に読んだ本を目的別に紹介
中途・未経験でプログラマーに転職する方法【30代前半までが勝負】
中途・未経験でプログラマーに転職する方法【30代前半までが勝負】
タイトルとURLをコピーしました