【VBA】セルの選択とテクニック

【実行結果】

VBAでセルを選択状態にする時は、Selectメソッドを使用します。

対象セルの指定方法は、「Rangeによる方法」と、「Cellsによる方法」があります。

Rangeを使ったセルの選択

Rangeプロパティで選択するセルを指定し、Selectメソッドで選択状態になります。

コード

 

解説

B2セルが選択状態になります。

Cellsを使ったセルの選択

Cellsプロパティで選択するセルを指定し、Selectメソッドで選択状態になります。

Rangeとの大きな違いは、数値で対象セルを指定できることです。

コード

 

解説

Cells(2, 2)はB2なので、SelectメソッドでB2セルが選択状態になります。

POINT
セル管理を数値でしている場合は、このCellsを使った方法が便利

その他テクニック

関連記事

タイトルとURLをコピーしました