ブック

VBAテクニック辞典

【VBA】パスワードが設定されたエクセルファイルを開く

パスワードの設定されたエクセルファイルをVBAで開こうとすると、パスワードの入力画面が表示されてしまいます。 パスワードもVBAで自動入力し、パスワード入力画面を表示せずにエクセルファイルを開く方法です。「読み取りパスワード」と「書き...
VBAテクニック辞典

【VBA】パスワードを設定してエクセルファイルを保存する

エクセルファイルにパスワードを設定して保存する場合、パスワードには次の2種類があります。 読み取りパスワード: パスワードを知らないと中身を見ることもできない 書き込みパスワード: パスワードを知らないと保存できないが、中身を見...
VBAテクニック辞典

【VBA】同名ファイルが存在してもメッセージ非表示で上書き保存する

Application.DisplayAlertsでメッセージを制御する 新規のエクセルファイル(ブック)に名前を付けて保存する時、すでに同じ名前のファイルが存在すると、下の警告メッセージが表示されVBAの処理が止まってしまいます。 ...
VBAテクニック辞典

【VBA】すべてのエクセルファイルを保存しないで閉じる

繰り返し処理中はメッセージを非表示にして閉じる 複数のエクセルファイルを保存しないで閉じる場合は、For Each…Nextですべてのエクセルファイルを1つずつ処理していきます。 この時、Closeメソッドでファイルを閉じるだけでは...
VBAテクニック辞典

【VBA】新しいエクセルファイルに名前を付けて保存する

SaveAsメソッドで名前を付けて保存 新しいエクセルファイルに名前を付けて保存する時は、SaveAsメソッドを使います。 コード 解説 新しいエクセルファイルの編集後(シート追加など)に、SaveAsメソッドで名前を付けて...
VBAテクニック辞典

【VBA】すべてのエクセルファイルを上書き保存して閉じる

For Each…Nextで繰り返し処理する 複数のエクセルファイルにデータの書き込みなどをした後、まとめて上書き保存・閉じる場合は、For Each…Nextですべてのエクセルファイルを1つずつ処理していきます。 コード 解...
VBAテクニック辞典

【VBA】エクセルファイルを保存しないで閉じる

Application.DisplayAlertsでメッセージを制御する VBAのCloseメソッドでエクセルファイルを閉じる時、ファイルに変更があった場合、次の確認メッセージが表示されます。 このメッセージが表示されてしま...
VBAテクニック辞典

【VBA】エクセルファイルを上書き保存して閉じる

開いているエクセルファイル(ブック)を上書き保存するにはSaveメソッド、閉じる時はCloseメソッドを使用します。 保存するエクセルファイルは、「ファイル名」または「ワークブック変数」で指定できます。 ファイル名で指定 Work...
VBAテクニック辞典

【VBA】新しいエクセルファイルを作成する

Workbooks.Addメソッドで作成 新しいエクセルファイル(ブック)を作成する時には、Workbooks.Addメソッドを使います。 コード 解説 エクセルファイルを新規作成したタイミングで、ワークブック変数(newE...
VBAテクニック辞典

【VBA】作成済みのエクセルファイルを開く

Workbooks.Openメソッドで開く すでにデータなどが保存されているエクセルファイルを開く時は、Workbooks.Openメソッドを使います。 Openする時は、フルパス(フォルダとファイル名)で指定します。 コード ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました