【VBA】作成済みのエクセルファイルを開く

Workbooks.Openメソッドで開く

すでにデータなどが保存されているエクセルファイルを開く時は、Workbooks.Openメソッドを使います。

Openする時は、フルパス(フォルダとファイル名)で指定します。

コード

 

解説

Workbooks.Openでファイルを開く時、ファイル名だけではどこにあるかわからないので、フルパスでファイルを指定しています。

場所 C:\エクセル用フォルダ
ファイル名 生徒一覧表.xlsx

また、エクセルファイルを開いたタイミングで、ワークブック変数(openExcelFile)に開いたエクセルファイルをセットしています。

以降の処理では、このワークブック変数を使って、対象のエクセルファイル(ブック)を指定します。そうすることで、「シートの追加」や「セルの編集」の対象となるファイルが明確になり、バグが発生しにくくなります。

POINT
・開くファイルはフルパスで指定する。
・開いたファイルは、変数にセットして管理する。

 
「対象のエクセルファイルを指定する理由がいまいちわからない・・・」と思った人は、「セルを扱う時はファイル名・シート名も指定」で詳しく書いてるので読んでみてください。

セルを扱う時はファイル名・シート名も指定
当サイト「えくとしょ」や多くの参考書でも、セルの値を調べたり、セットする時にRangeでセルの位置だけを指定してプログラムしています。 でもキビシイ見方をすると、 「セルの位置は指定しているけど、ファイルとシートは指定していない」 ...

 

ファイルを開く時のテクニック

ファイルを開く前に、次の2つのチェックを行うと、プログラムの品質が高くなります。

  • 開くファイルが存在するか?
  • 同じファイル名のファイルがすでに開かれていないか?
    (同じファイル名のファイルを複数同時に開けないため)

関連記事

タイトルとURLをコピーしました