【VBA】新しいエクセルファイルに名前を付けて保存する

スポンサーリンク

SaveAsメソッドで名前を付けて保存

新しいエクセルファイルに名前を付けて保存する時は、SaveAsメソッドを使います。

コード

 

解説

新しいエクセルファイルの編集後(シート追加など)に、SaveAsメソッドで名前を付けて保存しています。

保存する場所とファイル名は、SaveAsメソッドの後に、Filename:=”保存する場所\ファイル名”で指定します。

POINT
ファイル名だけでなく、保存場所も指定します。
保存場所とファイル名は、ダブルクォーテーションで囲みます。

 

新しいエクセルファイルを作成し、変数newExcelFileにセットしている理由などは、「新しいエクセルファイルを作成する」を参考にしてください。

【VBA】新しいエクセルファイルを作成する
Workbooks.Addメソッドで作成 新しいエクセルファイル(ブック)を作成する時には、Workbooks.Addメソッドを使います。 コード '新しいエクセルファイルを管理する変数 Dim newExcelFile As Wo...

 

保存に失敗した時
プログラムは正しく書けているのに失敗する場合は、次のような環境が原因のことがあります。
・保存する場所自体がない
・保存する場所にアクセスする権限がない

関連記事

VBAテクニック辞典
VBAテクニック辞典
エクセルVBAおすすめ本|実際に読んだ本を目的別に紹介
エクセルVBAおすすめ本|実際に読んだ本を目的別に紹介
中途・未経験でプログラマーに転職する方法【30代前半までが勝負】
中途・未経験でプログラマーに転職する方法【30代前半までが勝負】
タイトルとURLをコピーしました