【VBA】エクセルファイルを保存しないで閉じる

スポンサーリンク

Application.DisplayAlertsでメッセージを制御する

VBAのCloseメソッドでエクセルファイルを閉じる時、ファイルに変更があった場合、次の確認メッセージが表示されます。

このメッセージが表示されてしまうと、せっかくVBAで自動化しているメリットがなくなります。

そのため、メッセージが表示される直前で、Application.DisplayAlertsをFalseに設定します。そうすると、ファイルに変更があっても、確認メッセージを表示しないでファイルを閉じることができます。

コード

 

解説

Application.DisplayAlertsの設定を戻さないと、以降の処理でも警告メッセージが表示されなくなります。

そのため、ファイルを閉じる処理が終わったら、Application.DisplayAlertsをTrueに戻しています。

POINT
Application.DisplayAlertsの設定は、メッセージを表示したくない処理の直前でFalse、その処理の直後にTrueに戻す。

関連記事

VBAテクニック辞典
VBAテクニック辞典
エクセルVBAおすすめ本|実際に読んだ本を目的別に紹介
エクセルVBAおすすめ本|実際に読んだ本を目的別に紹介
中途・未経験でプログラマーに転職する方法【30代前半までが勝負】
中途・未経験でプログラマーに転職する方法【30代前半までが勝負】
タイトルとURLをコピーしました