削除

VBAテクニック辞典

【VBA】離れた複数行を削除する

【実行結果】 行の削除するにはDeleteメソッドを使いますが、削除する行を指定するには2つの方法があります。(※離れた行はRowsによる指定はできません) サンプルコードでは、2行目、4行目、6~8行目を削除します。 R...
VBAテクニック辞典

【VBA】連続した複数行を削除する

行の削除にはDeleteメソッドを使いますが、対象の連続した行を指定するには、3つの方法があります。 サンプルコードでは、2行目から6行目を削除します。 Rangeを使った行の削除 Rangeの引数で、選択する範囲の開...
VBAテクニック辞典

【VBA】指定したシート以外のシートをすべて削除する

ループ処理で1つずつシート名を比較し削除 繰り返し処理の中で、1つずつ「処理中のワークシート名」と「指定したシート名」を比較し、名前が違う時に削除処理をおこないます。 コード 解説 繰り返し処理(Fo...
VBAテクニック辞典

【VBA】アクティブシートを削除する

ActiveSheet.Deleteで削除 アクティブシートを削除したい時は、ActiveSheet.Deleteで削除できます。 コード 解説 アクティブシートを削除する命令の前後では、Appl...
VBAテクニック辞典

【VBA】列を削除する(1列だけ、連続した複数列、離れた複数列)

VBAで列を削除する時は、RangeプロパティのDeleteメソッドを使用します。 対象列を指定するには、RangeやColumnsなどいくつかの方法があります。 1列だけ削除 次の3つの選択方法があります。例...
VBAテクニック辞典

【VBA】行の削除とテクニック

【実行結果】 VBAで行を削除する時は、Deleteメソッドを使用します。 削除する行を指定するには、RangeやRowなど3つの方法があります。 サンプルコードでは、2行目を削除します。 Rangeを使った行指...
VBAテクニック辞典

【VBA】アクティブシート以外のシートをすべて削除する

ループ処理でアクティブシート名と比較し削除 繰り返し処理の中で、1つずつ「ワークシートの名前」と「アクティブシートの名前」を比較し、名前が違う(=アクティブシートではない)時に削除処理をおこないます。 コード ...
VBAテクニック辞典

【VBA】複数のワークシートをまとめて削除する

ワークシートの削除自体はDeleteメソッドを使いますが、削除するシートの指定方法がいくつかあります。 今回は、3つの方法を紹介しているので、使いやすい&理解しやすい方法を選んでください。 シート名を配列で指定して削除 W...
VBAテクニック辞典

【VBA】ワークシートの削除とテクニック

ワークシートを削除する時は、Deleteメソッドを使います。 削除するシートは、「シート名」や「インデックス(何番目)」で指定できます。 シート名で指定し削除 Worksheets("○○").Deleteと書き、○○の部...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました