【VBA】行の削除とテクニック

【実行結果】

VBAで行を削除する時は、Deleteメソッドを使用します。

削除する行を指定するには、RangeやRowなど3つの方法があります。
サンプルコードでは、2行目を削除します。

Rangeを使った行指定

Rangeでは引数で、「開始行:終了行」と指定します。

1行しか選択しない時は、開始行と終了行には同じ数値を設定します。

その後、Deleteメソッドで削除します。

コード

 

解説

Range(“2:2”)となっているので、開始行が2、終了行も2となります。

なので、2行目が削除されます。

POINT
・Rangeの引数は、ダブルクォーテーションで囲む
・Rangeでは1行しか削除しない時でも、開始行と終了行を指定する

Rowsを使った行指定

Rowsによる指定では、引数で対象行を指定します。

その後、Deleteメソッドで削除します。

対象行の数値は、ダブルクォーテーションで囲みません。

コード

 

解説

Rows(2)が2行目を意味します。

その行に対してDeleteメソッドを実行しているので、2行目が削除されます。

POINT
・Rowsの引数は、ダブルクォーテーションで囲まない

EntireRowを使った対象セルによる行指定

EntireRowは、対象セルの行全体を返します。

EntireRowに対してDeleteすることで、セルで指定した行が削除されます。

コード

 

解説

プログラムの意味は、次のようになります。

  1. Range(“A2”)で、A2セルを指定
  2. EntireRowは行を返すので、2行目を返す
  3. Deleteで、EntireRow(2行目)を削除する

対象セルの指定は、Range、Cellsどちらの方法でも可能です。

POINT
・EntireRowによる指定では、セル視点で行を削除できる

その他テクニック

関連記事

タイトルとURLをコピーしました