関数の基本的なルール

スポンサーリンク

引数のByRef、ByValは明示する

関数を定義する時に、引数も定義しますがByRef(参照渡し)、ByVal(値渡し)を明記してください。(省略すると参照渡しとなる)

基本的にはByVal(値渡し)を使用します。

ByVal(値渡し)を使う事で、関数内で引数に変更がされても、呼び出し元では影響を受けないからです。

ただし、オブジェクトなど大きなデータの場合は、ByVal(値渡し)を使うとメモリを消費する(コピーが作成される)ため、ByRef(参照渡し)を使用します。

関数で複数の値を戻り値として返したい場合は、ByRef(参照渡し)を使用することで実現できます。

 

関数を使用するときはCallを使う

関数名だけの記述でも実行できますが、Call 関数名 としてコーディングします。

Callが付いていないと、変数なのか関数なのかがパッと見ではわかりません。

Callが付いていることで「何か処理を呼んでいるな」と直感的にわかり、可読性が向上します。

 

関連記事

VBAの開発ルール
VBAの開発ルール
エクセルVBAおすすめ本|実際に読んだ本を目的別に紹介
エクセルVBAおすすめ本|実際に読んだ本を目的別に紹介
中途・未経験でプログラマーに転職する方法【30代前半までが勝負】
中途・未経験でプログラマーに転職する方法【30代前半までが勝負】
タイトルとURLをコピーしました