VBAの開発ルール

開発ルール(コーディング規約)のひとつの例です。会社や開発メンバーによって、採用しているルールは違います。

そのため、「これはいいな」と思った内容だけでも取り入れてみてください。

命名規則(名前の付け方)

フォームやボタンなどオブジェクトの命名規則
オブジェクトの種類がわかるように、オブジェクト名の先頭に3文字の英小文字(プリフィックス)を付けます。 プリフィックス以外は、各単語の先頭を大文字とします。 理想は全て英単語による命名ですが、無理して英単語のみで命名すると、...
数値や文字など変数の命名規則
データ型がわかるように、変数名の先頭に3文字の英小文字(プリフィックス)を付けます。 プリフィックス以外は、各単語の先頭を大文字とします。 理想は全て英単語による命名ですが、無理して英単語のみで命名すると、後からプログラムを...
関数(サブルーチン、ファンクション)の命名規則
関数の名前の付け方の基本は、動詞+名詞です。 また、各単語の先頭を大文字とします。 たとえばフォームを初期化する関数であれば、ClearFormと名前を付けます。 (サブルーチンはsubやS、ファンクションはfncやFとい...
その他(定数や適用範囲、標準モジュール)の命名規則
定数の命名規則 標準モジュールなどに、消費税率などシステム全体で使う定数を定義すると思います。 他の変数と区別がつくように、すべての文字を大文字、また単語の区切りは_(アンダースコア)を使います。 '消費税率 Pu...

コーディング関連

変数の基本的なルール
変数の宣言を強制する 各モジュールの先頭で、下のコードを記述することで、変数の宣言が強制となります。 '変数宣言を強制 Option Explicit VBAの設定で、変数の宣言を強制することもできま...
関数の基本的なルール
引数のByRef、ByValは明示する 関数を定義する時に、引数も定義しますがByRef(参照渡し)、ByVal(値渡し)を明記してください。(省略すると参照渡しとなる) 基本的にはByVal(値渡し)を使用します。 By...
ブック、シートの基本的なルール
ワークブック名を明示する ワークブックを操作するときは、ブック名を明示して処理を記述しましょう。 'OK例 Workbooks("生徒一覧").Save 次のプログラムのように、インデックス(番号)でワークブックを指...
コーディングの基本的なルール
インデント(字下げ)をして、構造を見やすくする 見比べるとわかりますが、字下げをしていない場合と字下げをしている場合で、プログラム構造のわかりやすさがまったく違います。 字下げをしてもしなくてもプログラムの動作は変わりませんが、...
スポンサーリンク
えくとしょ | 初心者のためのエクセルとVBAの図書館
タイトルとURLをコピーしました