数値や文字など変数の命名規則

データ型がわかるように、変数名の先頭に3文字の英小文字(プリフィックス)を付けます。

プリフィックス以外は、各単語の先頭を大文字とします。

理想は全て英単語による命名ですが、無理して英単語のみで命名すると、後からプログラムを見た時に意味が分からなくなります。

そのため、基本的な単語のみ英単語、難しい単語はローマ字表記の混在となってもOKです。

 
また、繰り返し処理用のループカウンタ(i,j,k)は、プリフィックスを付けなくてもOKです。

それよりも、ループ自体が何を繰り返しているかわかるように、iやjでなく、rowNo(行の繰り返し)など意味のわかる名前をつける事の方が大事です。

データ型 プリフィックス
ブール型 Boolean bln チェック結果
blnCheckResult
バイト型 Byte byt 管理番号
bytKanriNo
整数型 Integer int 売上数
intUriageCnt
長整数型 Long lng 売上数
lngUriageCnt
単精度
浮動小数点数型
Single sng 検査結果
sngKensaResult
倍精度
浮動小数点数型
Double dbl 検査結果
dblKensaResult
通貨型 Currency cur 売上額
curUriageGaku
日付型 Date dtm 開始日
dtmStartDay
文字列型 String str 商品名
strShohinNm
オブジェクト型 Object obj ファイルシステムオブジェクト
objFSO
バリアント型 Variant var 配列
varArray

 

※VB.NETのサイトなどではプリフィックスに対する否定的な意見が多いです。
でもVBAにおいてはプリフィックスをつけることで、プログラムの見やすさやタイピングの速さ(入力候補による絞り込みが簡単)が増します。
(私個人としては、テキストボックスなどオブジェクトにはプリフィックスを付けて、変数にはプリフィックスを付けないことが多いです。)

 

関連記事

タイトルとURLをコピーしました