VBAでプログラミングをするための前準備

エクセルのリボン(上段のエリア)には、[ホーム]タブや[数式]タブなど機能ごとに分類されています。

エクセルVBAでプログラミングをする時には、そのリボンの中にある[開発]タブを使います。ただし、初期状態では開発タブは表示されていないので、このページでは[開発]タブの表示方法を解説していきます。

スポンサーリンク

開発タブを表示する方法

1.エクセルを起動

エクセルのファイルを開いて、エクセルを起動しましょう。

エクセルのアプリケーションから起動した場合は、ファイルを開いていない状態なので、「3.左下にある[オプション]をクリック」に進んでください

 

2.左上にある[ファイル]をクリック

エクセルの画面左上にある[ファイル]をクリックします。

クリックすると、画面の表示が切り替わります。

 

3.左下にある[オプション]をクリック

エクセルの情報を表示している画面で、ちょっとわかりにくいのですが、左下に[オプション]があるのでクリックします。

クリックすると、[Excelのオプション]画面が表示されます。

 

4.左側の[リボンのユーザー設定]をクリック

[Excelのオプション]画面左側の一覧にある、[リボンのユーザー設定]をクリックします。

 

5.右側の一覧[開発]にチェック後、OKをクリック

クリック後、エクセルのリボンに[開発]タブが表示されます。

 

関連記事

初心者のためのエクセルVBA超入門講座
初心者のためのエクセルVBA超入門講座
エクセルVBAおすすめ本|実際に読んだ本を目的別に紹介
エクセルVBAおすすめ本|実際に読んだ本を目的別に紹介
中途・未経験でプログラマーに転職する方法【30代前半までが勝負】
中途・未経験でプログラマーに転職する方法【30代前半までが勝負】
VBA超入門
スポンサーリンク
えくとしょ | 初心者のためのエクセルとVBAの図書館
タイトルとURLをコピーしました