VBAで条件と一致するセルの背景色を設定する関数

スポンサーリンク

ループ処理で条件判断と背景色をセット

セルの値が条件と一致する時に、セルの背景色を設定する関数です。戻り値として、一致したセルの件数を返します。

「セルの条件」、「調べるセル範囲」、「背景色」が指定できます。

調べるセル範囲に、条件に一致するセルが複数ある場合、一致するセル全ての背景色をまとめて設定します。

コード

 

引数の説明

judgmentValue 判定条件の値
searchArea 検索対象となるRange
backColor 設定する背景色

 

使用例

【実行前】

テスト結果の一覧で、100点だった場合、背景色に水色をセットします。【実行前】のエクセルを見ると分かりますが、調べる範囲はセルのB2~F4の範囲になります。

 

【実行後】

メッセージでは、背景色をセットした件数が表示されます。

 

背景色の指定にはRBG関数を使って、赤・緑・青の数値を設定しています。VBAにはカラー定数も用意されているので、上の使用例3行目にあるRGB(0, 255, 255)を、次のようにvbCyanとプログラミングしても同じ結果になります。

 

その他のカラー定数や、RBG値については、VBAカラー一覧(組み込み定数、RGB値)|色見本ありを参考にしてください。

VBAカラー一覧(組み込み定数、RGB値)|色見本あり
VBAでは、カラーを指定する時に使える、組み込み定数があります。 組み込み定数を使う事で、RGB値がわからなくても簡単にカラーの指定ができます。また、プログラムを見た時にも、定数名から色がわかるので、できる限り定数でカラーを指定しまし...

関連記事

VBAテクニック辞典
VBAテクニック辞典
エクセルVBAおすすめ本|実際に読んだ本を目的別に紹介
エクセルVBAおすすめ本|実際に読んだ本を目的別に紹介
中途・未経験でプログラマーに転職する方法【30代前半までが勝負】
中途・未経験でプログラマーに転職する方法【30代前半までが勝負】
タイトルとURLをコピーしました