【VBA】離れた複数行を選択する

【実行結果】

行の選択にはSelectメソッドを使いますが、離れた行を指定するには、2つの方法があります。(※Rowsによる指定はできません)

サンプルコードでは、2行目、4行目、6~8行目を選択状態にします。

Rangeを使った行の選択

Rangeで対象の行を指定しますが、離れている行をカンマ(,)区切りで指定します。連続した行範囲は、コロン(:)で指定します。

コード

 

解説

2行目、4行目、6~8行目が選択されます。

この時、2行目だけを選ぶ時も、開始行と終了行に2を指定しないとエラーになります。
○ Range(“2:2,
× Range(“2,

指定したら、Selectメソッドで選択状態にします。

POINT
・Rangeの引数は、全体をダブルクォーテーションで囲む
・離れている行を、カンマ(,)で区切る
・連続した行を、コロン(:)でつなげる

EntireRowを使った行の選択

EntireRowは、指定したセルの対象行全体を返します。

その時、Rangeでセルを指定しますが、離れているセルをカンマ(,)区切りで指定します。連続したセル範囲は、コロン(:)で指定します。

指定したら、Selectメソッドで選択状態にします。

コード

 

解説

Rangeで、セルA2、A4、A6~A8のセルが指定されています。

なので、EntireRowは2行目、4行目、6~8行目になり、EntireRowをSelectすることで2行目、4行目、6~8行目が選択されます。

POINT
・Rangeの引数は、全体をダブルクォーテーションで囲む
・離れているセルを、カンマ(,)で区切る
・連続したセルを、コロン(:)でつなげる
注意すること
連続した行はRowsで選択できましたが、離れた行ではRowsによる選択はできません。

 
その他テクニックは、次の記事を参考にしてください。

【VBA】行の選択とテクニック
【実行結果】 VBAで行を選択状態にする時は、Selectメソッドを使用します。 対象行を指定するには、RangeやRowなど3つの選択方法があります。 サンプルコードでは、2行目を選択状態にします。 Range...

関連記事

タイトルとURLをコピーしました