セルのフォントやサイズを設定する

フォントや色以外にも、下線や太字などもVBAで設定できます。

フォントの設定

Font.Nameプロパティに、フォント名を設定します。
フォント名は、ダブルクォーテーションで囲みます。

POINT
フォント名を手入力すると、半角スペースが全角スペースになったりなど入力ミスが起こり、フォントが正しく設定されません。
そのため、ホームタブにある書式一覧からフォントを選び、表示されたフォント名をコピーし、VBAのプログラムに貼り付けましょう。

フォントサイズの設定

Font.Sizeプロパティに、数値で指定します。
数値なので、ダブルクォーテーションでは囲みません

文字を太字にする

Font.Boldプロパティに、Trueを設定します。
元に戻したい時は、Falseを設定します。

文字を斜体にする

Font.Italicプロパティに、Trueを設定します。
元に戻したい時は、Falseを設定します。

文字に下線を引く

下線は4タイプあるのですが、下の実行結果を見た方が、違いが判ると思います。
【実行結果】

文字に取り消し線を引く

Font.Strikethroughプロパティに、Trueを設定します。
元に戻したい時は、Falseを設定します。

文字を上付き・下付きにする

上付き・下付きがピンとこない人は、下の実行結果を見てください。上付き・下付きの意味が分かると思います。

【実行結果】

スペルが似ててパッと見わかりにくいのですが、上付きはSuperscript、下付きはSubscriptにTrueを設定します。
元に戻したい時は、Falseを設定します。

文字の色を設定する

Font.Colorプロパティに色を設定するのですが、2通りの設定方法があります。
エクセルにすでに用意されている定数(色の値が設定されている)か、RGB関数を使用して色を指定します。

RGB関数は、R(RED:赤)、G(GREEN:緑)、B(BLUE:青)の3つの値を指定することで、色を指定します。

 

カラーに関しては、VBAカラー一覧(組み込み定数、RGB値)でまとめているので、色選びの参考にしてください。

VBAカラー一覧(組み込み定数、RGB値)|色見本あり
VBAでは、カラーを指定する時に使える、組み込み定数があります。 組み込み定数を使う事で、RGB値がわからなくても簡単にカラーの指定ができます。また、プログラムを見た時にも、定数名から色がわかるので、できる限り定数でカラーを指定しまし...

関連記事

タイトルとURLをコピーしました