VBAで強制的にエラーを発生させる

VBAのプログラムから、強制的にエラーを発生させたい場合は、Err.Raiseを使います。

実際には発生していないエラーを、エラー番号を指定して発生させることができます。また、使用されていないエラー番号を使い、エラー内容を独自に設定することもできます。

スポンサーリンク

エラー番号を指定する場合

Err.Raiseを実行する時、名前付き引数Numberでエラー番号を指定します。

コード

 

解説

実行すると、次のように「エラー番号:6、エラー内容:オーバーフローしました」とエラーが発生します。

エラー内容を独自に設定する場合

Err.Raiseを実行する時、名前付き引数Numberでエラー番号、Descriptionでエラー内容を指定します。

ポイント
独自のエラーを発生・設定させたい場合は、エラー番号には513~65535の値を使用した方が無難です。512までの番号はシステムエラーで使用されているからです。

コード

 

解説

実行すると、次のように独自のエラーが発生します。

関連記事

VBAテクニック辞典
VBAテクニック辞典
エクセルVBAおすすめ本|実際に読んだ本を目的別に紹介
エクセルVBAおすすめ本|実際に読んだ本を目的別に紹介
中途・未経験でプログラマーに転職する方法【30代前半までが勝負】
中途・未経験でプログラマーに転職する方法【30代前半までが勝負】
タイトルとURLをコピーしました