VBAテクニック辞典

【VBA】離れた複数行を削除する

【実行結果】 行の削除するにはDeleteメソッドを使いますが、削除する行を指定するには2つの方法があります。(※離れた行はRowsによる指定はできません) サンプルコードでは、2行目、4行目、6~8行目を削除します。 R...
VBAテクニック辞典

【VBA】連続した複数行を削除する

行の削除にはDeleteメソッドを使いますが、対象の連続した行を指定するには、3つの方法があります。 サンプルコードでは、2行目から6行目を削除します。 Rangeを使った行の削除 Rangeの引数で、選択する範囲の開...
VBAテクニック辞典

【VBA】離れた複数行を選択する

【実行結果】 行の選択にはSelectメソッドを使いますが、離れた行を指定するには、2つの方法があります。(※Rowsによる指定はできません) サンプルコードでは、2行目、4行目、6~8行目を選択状態にします。 R...
VBAテクニック辞典

【VBA】連続した複数行を選択する

【実行結果】 行の選択にはSelectメソッドを使いますが、対象の連続した行を指定するには、3つの方法があります。 サンプルコードでは、2行目から6行目を選択状態にします。 Rangeを使った行の選択 Ran...
VBAテクニック辞典

【VBA】行の削除とテクニック

【実行結果】 VBAで行を削除する時は、Deleteメソッドを使用します。 削除する行を指定するには、RangeやRowなど3つの方法があります。 サンプルコードでは、2行目を削除します。 Rangeを使った行指...
VBAテクニック辞典

【VBA】行の選択とテクニック

【実行結果】 VBAで行を選択状態にする時は、Selectメソッドを使用します。 対象行を指定するには、RangeやRowなど3つの選択方法があります。 サンプルコードでは、2行目を選択状態にします。 Range...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました