VBAをマスターした後におすすめのプログラム言語

エクセルVBAを学んだ人や、ある程度マスターした人が、よりスムーズに、よりレベルアップできるプログラム言語を紹介します。

 

こんな人におすすめ
  • エクセルVBAがおもしろかった
  • もっと高度なプログラミングがしたい
  • エクエルVBAだと機能的にちょっと物足りない・不便
  • プログラマーに転職とかしてみたい

 

「まだVBAをマスターしていない」と思う人でも、新しい言語・環境を学ぶことで、VBAの理解度もあがります。

せっかくなので、チャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

ACCESS(アクセス)

プログラム言語ではないですが、エクセルと同じマイクロソフトが販売しているソフトです。

Microsoft Officeの上位版がPCに入っていれば、一緒にインストールされています。

実際の職場では

実際の職場だと、一般の会社員が使っているPCには、あまりインストールされていません。

 

ちょっと偉い人や、リーダー的な人のPCにのみに、インストールされていることが多いです。(上司というだけで、全然PC使わない人に無駄にインストールされていたり・・・)

 

かんたんに言えば、ACCESSはエクセルVBAの上位版です。データの管理や開発がより効率的にできます。

「オフィスかよ?」となめてる人もいるかもしれませんが、小さいシステム(数百万円レベル)ならACCESSですべて作ることもあります。

ACCESSの具体的な良い点、悪い点は次で説明します。

 

ACCESSの良い点

エクセルVBAとプログラムの書き方が同じ

ACCESSのメッセージボックスで「こんにちは」と表示するソースです。

見てわかる通り、エクセルVBAと全く同じです。

その他のプログラムの書き方も同じなので、エクセルVBAをさわった事がある人はスムーズに勉強できます。

 

データの集計や分析が簡単にできる

ACCESSは、データベース管理システムのソフトウェアです。

なので、登録済みのデータを集計したり、分析することが簡単にできます。

たとえば、個人の売上データがある時、これを元に「営業所ごとの集計」や、「全体の集計」ができます。

 

アドバイス

この操作はVBAではなく、アクセスのクエリという機能を使います。

 

クエリはVBAとはまったく別物です。なので、1から勉強していきましょう!

 

帳票出力が効率的

エクセルで帳票を作る時は「データの入力」と「印刷物のデザイン」がセットで必要です。例えば、社員一覧と営業担当者一覧2つの帳票があったら、それぞれに社員名を入力します。

でも、ACCESSではデータを一元管理(データを印刷物から切り離して、別に管理)できます。
それによって、ACCESSでは「印刷物のデザイン」だけで帳票が印刷できます。

 

具体的にどれだけ便利?

例えば、社員名を間違っていて「山田一郎」を、「佐藤一郎」に修正しないといけない時、エクセルだと対象のファイル・シートすべての修正が必要です。

 

ACCESSではデータを一元管理できるので、1ケ所を修正するだけで、すべての帳票が修正されます。

 

ACCESSの悪い点

ライセンスが高い

1ライセンスで1万円以上します。

古いバージョンや、パソコンとセットで購入すれば安くなりますが、個人で購入するにはちょっと高いかと。

バージョンによって価格も違うので、各販売店で確認してください。

 

壊れやすい

最近のACCESSではそれほど起こらないですが、ACCESSのファイルは壊れやすいです。

プログラミングの途中で壊れて「せっかくプログラミングしてたのに・・・」となることがあります。なので、こまめなバックアップが必要です。

ただ、バックアップ自体はどの言語でも大事なことなので、ACCESSだからバックアップが必要ということではないです。

 

VB.NET(ブイビードットネット)

正式な名前は、Visual Basic .NET(ヴィジュアル ベーシック ドットネット)です。

名前からわかる通り、エクセルVBAと同じVB系のプログラム言語です。

ただし、エクセルVBAとはプログラムの書き方などが違います。具体的には、次からのVB.NETの良い点、悪い点で説明します。

VB.NET良い点

無料で開発環境を使える

開発環境(プログラミングするソフト)にはVisual Studioというソフトを使うのですが、無料版がマイクロソフトからダウンロードできます。

無料版なので少し機能に制限がありますが、ガチのプログラマーとほぼ同じ環境です。(こんなすごい環境を無料で提供してくれるマイクロソフトには感謝です!)

 

開発スピードがアップ

最初は環境や操作に慣れないかもしれませんが、慣れるとエクセルVBAよりも断然スムーズに開発ができます。

 

アプリケーションとして配布できる

パソコンにある他のソフトと同様に、アプリケーションとして配布できます。

なので、ユーザにプログラムの中身を見られたり、変更される恐れがありません。

 

VB.NETの悪い点

エクセルVBAとプログラムの書き方が違う

以前のバージョン(Visual Basic6)では、VBAと同じ書き方でしたが、VB.NETになりプログラムの書き方が変わりました。

たとえば、VB.NETのメッセージボックスで「こんにちは」と表示するソースは、次のようになります。

「なんとなく読めるけど、VBAと違う・・・」みたいな感想じゃないですか?

ただ、If文やFor文の考え方は変わらないので、書き方が変わったと思えばOKです。

 

部品の名前が違う

たとえばユーザがクリックする「ボタン」ですが、VBAではCommandButtonですが、VB.NETではButtonになります。

でも、一部の部品名が違うだけで、全体的には同じ部品名が多いです。「表示ラベル(Label)」や「入力テキストボックス(TextBox)」は同じです。

なので、それほど心配しなくても大丈夫です。

まとめ

VBAを学んだ人がスムーズに学べるのは、今回紹介したACCESSとVB.NETになります。

でも、「今度はWEB系がしたい」など目的がハッキリしていれば、PHPやJavaを学ぶのも全然アリだと思います。

それか、ここまで上級レベルにチャレンジするなら、未経験でもプログラマーに転職してみるのもオモシロイと思います。

飛び込んでしまえば、周りには自分より経験のある人ばかりなので、教えてもらえるのももちろんですが、その場にいるだけで自然とスキルアップしていくのは間違いないです。
「周りの人にひっぱられて、気付いたら!」という経験は誰でもあると思います。そんな感じです。

未経験からプログラマーに転職するには、「中途・未経験でプログラマーに転職する方法」にまとめているので参考にしてください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました