エクセルファイルを開く方法と終了方法

エクセル2016の起動方法と終了方法(Windows7)では、新しいエクセルファイルを作成し、保存・終了する方法を説明しました。

今回は、すでにあるエクセルファイルを開いて、変更などした後に終了する方法です。

スポンサーリンク

既存のエクセルファイルを開く

既存のエクセルファイルを開く方法は、2通りあります。

日常エクセルを使う場合は、方法1が主です。そのため、方法1だけ理解しておけば問題ありません。

方法1.エクセルファイルを直接ダブルクリック

パソコンのデスクトップや、エクスプローラ上にあるエクセルファイルをダブルクリックします。

ダブルクリックすると、エクセルが起動し、対象のファイルが表示されます。

 

方法2.エクセルからファイルを選ぶ

エクセルを起動します。(エクセルの起動方法は、エクセル2016の起動方法と終了方法(Windows7)を参照)

最近使ったエクセルファイルであれば、一覧にファイル名があるので、ファイル名をクリックします。

クリックすると、対象のファイルが表示されます。

 

一覧にファイルがない場合
左下にある「他のブックを開く」をクリックします。

「開く」画面が表示されるので、「このPC」をクリックします。

右側にマイドキュメントのフォルダが表示されます。

Cドライブ直下など別の場所にファイルがある場合は、↑ボタンをクリックして対象フォルダまで移動します。

対象ファイルが表示されるので、クリックするとファイルが表示されます。

 

既存のエクセルファイルの終了方法

左上にある保存ボタンをクリックします

新規ファイルの場合はファイル名の入力へと進みますが、既存ファイルの場合はクリックすると、確認メッセージなど表示されずにすぐに上書きされます。

エクセルの右上にある×ボタンをクリックして、エクセルを終了します。

内容変更後に保存していなかった時
エクセルが確認メッセージを表示してくれます。
保存するのを忘れてた場合は、「保存」をクリックします。

変更した内容を保存せずに終了したい場合は、「保存しない」をクリックします。

 

関連記事

エクセルの教科書【初級編】
エクセルの教科書【初級編】
エクセル関数辞典
エクセル関数辞典
初級
スポンサーリンク
えくとしょ | 初心者のためのエクセルとVBAの図書館
タイトルとURLをコピーしました