エクセル2016の起動方法と終了方法(Windows7)

新しいエクセルファイルを作成し、保存・終了する時の流れです。

起動方法

 

1.パソコン画面の左下の「スタートボタン」をクリックします

 

2.「すべてのプログラム」をクリックします

 

3.表示された一覧の中から「Excel2016」をクリックします

 

4.「空白のブック」をクリックします


(左側には、最近使ったファイルが一覧で表示されています。)

「空白のブック」をクリックすると、新しいエクセルファイルが表示されます。

セルに自分の名前など入力してみましょう。

終了方法

エクセルを終了する前に、ファイルを保存します。

 

1.左上にある保存ボタンをクリックします

エクセルの左上にあるフロッピーディスクのアイコンが保存ボタンです。

 

2.保存場所を選びます

新しいファイルを作成して、初めて保存する時は「名前を付けて保存」の画面が表示されます。

一覧から保存場所を選びますが、通常は「このPC」をクリックします。

 

3.保存するフォルダを選びます

右側に一覧表示されたフォルダから、保存する場所をクリックします。

クリックすると、さらにそのフォルダの中にあるフォルダが表示されるので、保存するフォルダになるまでクリックして掘り下げていきます。

選んでいるフォルダ(場所)が、上段に表示されます。

 

4.ファイル名を入力し、保存します

上段の入力エリアに、作成したファイルの名前を入力します。

右下の保存ボタンをクリックすると、ファイルが保存されます。

保存する場所が見つからない時

保存場所がみつからない時や、以前のバージョンのエクセルと同じように保存したい場合は、「このPC」をダブルクリック、または「現在のフォルダパス」をクリックします。

「名前を付けて保存」のウインドウが表示されます。

左側のツリー表示された階層から、保存する場所を選びます。
ファイル名を入力し、保存ボタンをクリックすると、ファイルが保存されます。

 

5.×ボタンをクリックして終了します

エクセルの右上にある×ボタンをクリックすると、エクセルを終了します。

保存を忘れてた時
保存するのを忘れてた時は、エクセルが確認メッセージを表示してくれます。


「保存」ボタンをクリックしてエクセルファイルを保存し、エクセルを終了しましょう。

 

関連記事

初級
スポンサーリンク
えくとしょ | 初心者のためのエクセルとVBAの図書館
タイトルとURLをコピーしました