金額など数値の平均を自動で計算する:AVERAGE関数

=AVERAGEアベレージ(数値1[,数値2…])

引数で指定されたセルや数値の平均を計算

引数の説明

数値1[,数値2…] 平均を求めるセルの範囲や、数値を直接入力します

 

使い方

1.平均を表示したいセルに、カーソルを合わせ選択します。

 

2.数式タブをクリックします。オートSUMをクリックし、表示された一覧の平均をクリックします。※オートSUMの上にあるΣをクリックすると、合計を求めるSUM関数が挿入されてしまいます。

選んでいるセルに、AVERAGE関数が入力されます。選んでいるセルに直接、=AVERAGEと入力してもOKです。

 

3.AVERAGE関数と平均を求める範囲が自動で入力されます。範囲がOKであればEnterキーを押します。※もし平均を求める範囲が正しくない場合は、ドラッグして範囲を選択し直します。

 

Enterキーを押すと平均が表示されます。

POINT
平均値を求める範囲に空白セルや文字データがある場合、そのセルは平均値を求める時の分母には含まれません。対象データが、「100,000、空白セル、50,000」の時、(100,000 + 50,000)÷2で平均は75,000となります。※分母は3ではなく2

空白ではなく、0のデータの場合は分母に含まれるため、(100,000 + 0 + 50,000)÷3で平均は50,000となります。

 

関連記事

タイトルとURLをコピーしました