連続したデータ(曜日や数字)などを、自動で入力する

エクセルには、連続したデータを自動で入力してくれる、オートフィル機能があります。

基準のデータ(連続データのスタートの値)を入力した後に、そのセルの右下をドラッグすると、ドラッグした範囲に自動で入力してくれます。

スポンサーリンク

曜日の自動入力

まず、基準となる最初の曜日を入力します。

入力したセルの右下にカーソルを合わせて(カーソルが十字の状態)、入力したい方向にドラッグします。

ドラッグした範囲に、自動で曜日が入力されます。日曜日まで行くと、月曜日に戻ります。

数字の自動入力

最初のセルに1を入力し、右下をドラッグしても、連続した値(1,2,3…)とならずに、全てに1が自動入力されます。

これはセルの右下ドラッグには、連続データの入力と、コピー入力の2つの機能があるためです。全てに1が自動で入力されたのは、エクセルが連続データではなく、コピー入力と判断したからです。

このような時は、Ctrlキーを押しながらドラッグします。そうすると、連続した数字が自動入力されます。

POINT
オートフィルによる入力がうまくいかない時は、Ctrlキーを押しながらドラッグする

 

関連記事

エクセルの教科書【初級編】
エクセルの教科書【初級編】
エクセル関数辞典
エクセル関数辞典
初級
スポンサーリンク
えくとしょ | 初心者のためのエクセルとVBAの図書館
タイトルとURLをコピーしました